FC2ブログ

「八重の桜」総集編2

2015年03月14日 05:28

 現在放映中の「花燃ゆ」の主人公・杉文が世間的には誰ソレ?状態で放映前から不評だったと聞きますが、「八重の桜」放映当時も新島八重って誰?と言われていたような記憶が。ただし、杉文の方は兄の吉田松陰や夫の久坂玄瑞の名前を上げれば本人のことは知らなくてもとりあえずへーという反応ができそうなものの、新島八重の方はまず夫の新島襄すら一般的には無名に近いという二重苦っていう。

 しかし、そこは地元の人間なのでね。新島八重どころか会津戦争の経緯すらよくわかっていない高校は世界史だった私も、同志社大学の創立者として新島襄の名は知っていました。そんなものです。


 で、感想。総集編なので文字通り流れを追うだけの内容でしたが、幕末の動乱に翻弄されつつも明治以降の新しい時代を信念を持って生き抜いた八重の物語は、予想以上に面白かったです。まさに人に歴史あり。

 とは言え、フルサイズだと中弛みしていそうな雰囲気がちょっと感じられましたけど。欲を言えば10時間ぐらいの総集編が欲しい。



大河ドラマ 八重の桜 総集編 [DVD]
NHKエンタープライズ (2014-05-23)
売り上げランキング: 63,476
スポンサーサイト

「八重の桜」総集編1

2015年03月12日 23:09

上半期放映分を2時間にまとめた超絶編集。

これはさすがに内容が頭に入ってこねーだw
瞬きする間に人が出てきては死んでいくしww

ドラマの質や編集の出来そのもののことではなく、
こんなダイジェスト版が商品として発売されている
その事実がけっこうな衝撃かもしれない。

とりあえず、近いうちに下半期編を見る。



大河ドラマ 八重の桜 総集編 [DVD]
NHKエンタープライズ (2014-05-23)
売り上げランキング: 63,476

「龍馬伝」14~20話

2015年01月19日 05:59

龍馬  勝海舟のもとで元気に船造り
半勇太 あれこれやってみるものの、
     結果的に土佐勤王党は雲集霧散
平次郎 朝廷に直接楯突いたとして切腹へ
以蔵  人斬り始めました→逃亡中
弥太郎 商売始めました→赤字中
加尾  土佐へ帰る
佐那  再登場もやはり振られる(´Д⊂



佐那さん、うちのと同じ名前だから
どうしても肩入れしてしまうんだよ…←



龍馬の温室の中の住人っぷりが半端なく、
相変わらず弥太郎は蚊帳の外で孤軍奮闘。
中途半端に無能な武市半勇太さん率いる
土佐勢の動向の方が面白い今日この頃です。

なにせ武市半勇太役の大森南朋が上手いから
いい感じにイライライライラできて楽しいわw

そして岡田以蔵。
彼、従来の人物像とは異なった描写らしいですが、
なんかこう……どうしても某少年漫画の主人公の
少年時代を思い出さずにはいられなくてですね…。

さすがに私の頭が湧いているわと思いつつも
2010年放映当時の感想を恐る恐る検索してみたら
同じことを感じている人がけっこういて救われた。マジで。







でも以蔵と抜刀斎では性格そのものは違うせいか
不思議と中の人まで同じという印象はないんだよなあ。

ちなみに、以蔵がモデルになったキャラは鵜堂刃衛ね。
剣心のモデルは佐久間象山を切った河上彦斎ですよ。


「花燃ゆ」は相変わらず録画だけしています。



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX2 (season2)
アミューズソフトエンタテインメント (2010-11-26)
売り上げランキング: 11,596

「龍馬伝」7~13話

2015年01月16日 00:45

2度目の剣術修行も終了し、土佐に戻った龍馬。
しばらくは地元で国際情勢などを学んでいたが、
あるとき発生した井口村刃傷事件をきっかけに
土佐藩内では上士と下士の対立が深まっていった。
盟友・武市半平太が結成した「土佐勤王党」に
一旦は加盟した龍馬だったが、目的などの違いから
結局は沢村惣之丞らと共に土佐藩脱藩を決める。
なお、龍馬の帰りを2年半待ち続けた千葉佐那は振られ、
平井加尾は間者として京都に旅立ったのでありました。



あれ、けっこうな出番のある岩崎弥太郎はどこに…。
あの人、イマイチ主軸に絡んでいないよね。



実際のところ加尾<(壁)<佐那だったらしいが、
婚約したものの龍馬帰国で疎遠になったとかいう
大河ドラマの主人公にふさわしくない史実とか、
最終的にお龍が伴侶として登場するのを考えると
綺麗な引き方だったと思うよ…。

武市氏の無能っぷりに途中から呆れていたけれど
本当に無能呼ばわりされるとは思いませんでした。
無能というか、多面的なものの見方をできない人ね。
とりあえずドラマの中ではね。


全48話なので6話区切りで感想を書く予定だったのですが、
13話で第1部が完了したため今回はここで切ってみました。



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX-1(season1) [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2010-09-22)
売り上げランキング: 20,184

「龍馬伝」1~6話

2015年01月15日 00:18

剣術修行と見聞を広めるべく、土佐から上京した坂本龍馬。
間近で見た黒船に圧倒され、一時は剣の必要性に悩むが、
桂小五郎や吉田松陰あたりに刺激を受け無事修行終了する。
平井加尾は適当に受け流し、千葉佐那とラブコメ中。



世間的には「花燃ゆ」ですが(?)、
私はhuluで「龍馬伝」を見ています。

出始めの千葉佐那が苦手で11月頃一旦挫折、
仕切り直し後何とか5話まで漕ぎ着けました。

しかしいざ感想を書こうと思ったものの
幕末について無知なので特に意見もなく、
話途中なので書くに書けないというか…。

そんな無知な私が気になった点といえば、
通訳に一旦オランダ語を挟んでいたこと。
日本はそういう時代にあったのね。

演出が大友監督だね~というのもわかる。
るろ剣と一緒、じゃなくてるろ剣が一緒。
あと、千葉佐那の喋り方が何故か山田奈緒子。



なお、「花燃ゆ」は録りため中。
でも「江」と同じ匂いがするんだよなあ。



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX-1(season1) [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント (2010-09-22)
売り上げランキング: 20,184