FC2ブログ
昨晩はなんで今更なのよ?と書きましたが、
客観的な限界点はピークは数年前としても
蓄積した当人たちの鬱憤の限界を超えたのが
今だったのかもしれません。



とりあえず、

これで私の趣味の遍歴に一区切りついた

1年前なら違った感想を持ったでしょうが、
今の私の正直な気持ちはこんな感じ、と。
というか疲れているんだなあ私…。
スポンサーサイト

ザ・プラン9からなだぎ武脱退「わがプラン9は永久に不滅」
http://natalie.mu/owarai/news/147491

久馬「少し遠距離ネタ合わせに疲れちゃった。」
↑これが本音だと思うわ。
 

東京公演が終わるまで待つつもりでしたが、
ネタバレする気はないのでまあいいかなと。
…と言うより、既に内容が思い出せなry


当日の日記にも少し書きましたが、
個人的にはイマイチな内容でした。

よかったのは福本愛菜さん。
彼女、一昨年の単独にも出演していて
その際思うことが非常に多かったのですが
(彼女自身についてではありませんよ)、
いざ蓋を開けてみるとゲスト出演者で
最も好印象でした。

平田敦子さんは以前から好き、今回も。




しかし、まあなんて言うかね…
(以下、直球ネガティブ感想)
 

23日公演分は他の人にお譲りして、
24日の追加公演と夜公演に行ってきました。

▼「カフェバイト面接」??
▼「救急隊員」なだぎ作
▼「調べさせてもらいます」ギブソン作
▼「ウイルス」浅越作
▼「幸せのスプーン」覚王山作
▼「テヅルモヅル」久馬作
▼「笑って許して」久馬作

詳細は(気が向いたら)後日。


HEPホールは客席に段差がないんだけど、
そのせいでもう見にくいったらありゃしない!
「救急隊員」なんて半分ぐらい見えなかった。
めっちゃイライラしたわ、正直。

しかも客席の段差、設置できるらしいね…。
そんなところでケチらないで欲しいわ。

今年最後の月刊コントと早春の本公演の予定が
お披露目になったわけですが。

月刊コント、クリスマスイブですって。
さすがに(旅行から帰ってきた直後なので)無理だわ…。
というか、イブにお笑いライブは精神的に無理だわ…w


↑は笑いのネタ程度で済むのですが、問題は本公演。

嫌いじゃないんだよ、ご本人は。
でも去年のコントライブで彼女のファンに辟易した。
1年経ってあれが様変わりしているとは思えないし、
それならもう行かなくていいやって感じ。

もともと客演が多い公演はどれもイマイチだしなー。

というわけで、コンコレ以降はしばらくお休みです。
あくまで予定だけど。

 気づいたときに既に売り切れていたので一旦は諦めたものの、前日になってツイッターを見ていたら譲渡募集のツイートを見つけたので結局行けました、という私らしい行き当たりばったりな経緯があります。誰が興味あんねん。
 

 先月に引き続いてのZA プラン9でした。

 今回はさすがにKOCに向けた内容かと思っていたのですが、

「もうすぐKOCの準決勝なんですけど何やるんですか!」
「先月と今月でやった5本とも使えへん!マネージャーから『KOCに向けたイベントです』って聞いてたんやけど!」


 これが真理ですわ。なだん&ギブ(・∀・)グッジョブ!!

 ゴエさんまで「新ネタおろしますか?だーれも笑わへんかもしれんけど」と冷静に突っ込む中、久馬さんはずっと人ごとのように笑っていました。今年も審査員席の最前列に座る4人が見えます。

 さすがに何も考えていないってわけでもないんでしょうがねー。さて、どうなることやら。

 ま、よく言えば、ファンにとってはひたすら楽しいライブでした。
 

 バズ・ラーマン版の「華麗なるギャツビー」を見ているんだけど、ちっとも集中できなくてストーリーを見失っては何度も何度も巻戻している状態。そこそこ面白いと思うんだけどなあ。キャリー・マリガン可愛いし。


 それでタイトルの件ですが。

 自分が観に行った日だけの話をすると、アイロンヘッドが落ちたのがびっくり…だけど、よくよく考えてみたらココで合格しそうなメンツにあげた中でアイロンだけどんなネタかあまり思い出せなかった。ピックアップしなかったイブンカでさえなんとなく覚えているのになあ。意外にそういうことなのか。

 それにしても、薄いだのなんだのいろいろ言われている現5up芸人からも5組ほど合格者を出ているし、卒業組も含めるとほぼ5up劇場に籍を置いたことある芸人が占める中、2丁目劇場を知るザ・プラン9の圧迫感よ(プラン9自体はbase)…。

 2回戦に同じブロックでネタをやっていた超若手の中には灘儀さんや久馬さんの芸歴より若い子がいるやろ、ってぐらいの世代格差。自分の子供であってもおかしくないような年頃の子たちと一緒に審査されるのは精神的になかなかキツそうだけど…やるなあ。とは言えこんな状況なので、準決勝は\(^ω^)/だと思いますが。

 あと異質なのは松竹所属のチョップリンね。でも彼ら、今年の春に東京進出したんじゃなかったっけ?

 当日券含めて全て完売、満席。

 それでギブソンが「この間土肥さんとやった祇園精舎、この4倍のキャパでこの1/4しかお客さんおらんかった」と自虐していました。それなら数はあうんじゃない?と一瞬思ったんだけど、最大値で全員がポンちゃんのファンという可能性はあるか←

 内容としては、タイトル通りのネタ&トーク。


関西周遊旅行中に行ってまいりました。
というより、ライブの予定ありきで
旅行のスケジュールを組んでいました、当然。


▽ オープニング
 とあるテレビ局のAD・安世(井上安世)とその上司・渡辺(ヤナギブソン)。そこに局内のカフェで働いている真矢(彩羽真矢)がコーヒーの出前に来る。

「デートのプランないん?」
ザ・プラン9
「(誕生日プレゼントに)フルーツのポーチ」
フルーツポンチ
「日本?(失念)蓮舫?」
日本エレキテル連合
「(失念)」
水玉れっぷう隊スペシャル
「(渡辺が担当している番組は)『バイキング』」
バイきんぐ
「バファリン(がどうのこうの)」
バッファロー吾郎
 


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2019 ここではない、どこか, All rights reserved.